トップ

クリニックの処方薬

クリニックで薬を出される事は

クリニックでの院内処方

クリニックで、処方されたお薬をみなさんはどのように受け取ってますか?お薬の処方の仕方として、院内処方と院外処方と二通りあります。文字通りに、病院の建物とは別の建物にある調剤薬局に行くか、それとも病院内でお薬を処方してもらうかのどちらかです。まず、病気なのに、別棟の薬局に足を運ぶのは明らかに不便です。また再度保険証を提出したりと受付をしないのは面倒ですよね。複数の病院の患者が集まる薬局では感染も心配ですね。以前は院外処方が一般的でしたが、最近では患者の利便性を考え、院内処方のクリニックが増えているようです。

院内処方についてのおはなし

クリニック開業には医師1名以外の明確な決まりはないので、看護士や薬剤師がいなくてはいけないということはありません。中には、院内処方をされる事があります。薬剤師不在でも医師の監督の下で薬剤師以外の人間が調剤出来るのです。院内処方にすると調剤なども負担もかかり時間を要してしまう事もありますが、患者さんにとっては院内で処方された方が費用的負担は減ります。クリニックの院内で処方してもらうと薬剤師などの専門的説明がない場合があります。その場合は院外処方をお願いする事も出来ます。院内や院外などで薬の成分や効果の違いなどは一切ありません。

↑PAGE TOP

© Copyright クリニックで薬を出される事は. All rights reserved.